くしゃみが止まらない?花粉症対策なら・・・

花粉症でくしゃみが止まらない方!こちらで花粉症対策を教えてます!
<< 花粉症に効果のある薬には? | main | 花粉症はある日突然なる? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    花粉症は注射が効果ある?
    0






      花粉症の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を軽減する薬は、数多く存在します。

      その中でも近年では、1シーズン花粉症の症状が抑えられる注射と言うものが話題になっているようで、御存知の方も多いのではないでしょうか。

      それでは、本当に花粉症の症状に注射は効果があります。

      まず、花粉症の注射には4つの種類があります。

      ・副腎皮質ホルモン・減感作療法(免疫療法)・星状神経節ブロック・ヒスタミン添加グロブリンです。

      副腎皮質ホルモンの注射は、アレルゲンを身体から排除させようとする防御反応の力を取り除いてしまう事で、アレルゲンを身体の中に受け入れ、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を軽減させます。

      ただ、免疫力が低下されますので、副作用には注意が必要です。

      減感作療法や免疫療法の注射は、身体の中に抗原を注射する事により、体質自体を根本から改善させる方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で、効果はあるのですが治療に3年はかかると言われています。

      星状神経節ブロックの注射は、星状神経節を注射によって刺激する事により、鼻の粘膜の血流や自律神経の働きを活発にして、くしゃみ、鼻づまりと言った花粉症の症状を軽減させます。

      ヒスタミン添加グロブリンの注射は、減感作療法のひとつです。

      ヒスタミンを身体内に入れる事によって、体内にヒスタミンが作られたとしても、それに対しての耐性が出来ているので、花粉症の症状を抑える事が出来ます。

      このように、ひとくちに花粉症の注射と言っても、様々な種類があります。

      注射を打つ場合には、それぞれの効果と副作用を良く考慮して選択するようにしてください。











      <PR>
      ピッチング後のケアは? | ピッチング練習!ピッチングを上達させる方法を公開!
      学習障害の子の接し方は? | 【発達障害の症状】発達障害の子供を育てるには?



       
      -----
      | | 花粉症 | 08:13 | - | - | - | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 08:13 | - | - | - | -
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        このページの先頭へ