くしゃみが止まらない?花粉症対策なら・・・

花粉症でくしゃみが止まらない方!こちらで花粉症対策を教えてます!
<< 花粉症の症状で・・・ | main | 花粉症に鍼灸が効果がある? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    花粉症の減感作療法ってどんな治療法?
    0






      花粉症対策として、減感作療法(皮下投与や舌下投与により、希釈したアレルゲンをアレルギー患者に投与します)というのがあります。

      あまり耳にすることのない療法ですが、これは一種の免疫療法(ワクチン)です。

      患者のアレルゲンをほんのちょっとずつ体内に入れ、徐々に増やしていくことで、アレルゲンに対する過敏な反応を減らしていこうというもの。

      主にスギ花粉症の人に対して行われています。

      減感作療法(日本ではまだ健康保険の適用外なので、自費診療になってしまいます)は、麻疹や水疱瘡などのワクチンとは違い、1度注射するだけですむというものではありません。

      花粉が飛び始める1ヵ月前くらいから注射をスタートし、週に1、2回の定期的な皮下注射を、花粉が飛んでいる間中続けます。

      花粉の飛散が終了したら、1〜2ヵ月に1回と注射の回数を減らします。

      再び花粉症の季節が到来したら、飛散の1ヵ月くらい前から毎週注射をします。

      減感作療法(アレルゲン免疫療法、免疫的脱感作療法とも呼ねれています)は、花粉症を克服するには、とても有効な手段であると言われています。

      しかし、効果が現れるまで数ヵ月かかり、症状が安定するまでにはさらに数年の歳月を要します。

      その間ずっと注射を打ち続けるわけで、注射嫌いの人には抵抗があるかもしれませんね。

      しかし、うまくいったら薬が不要になったり、注射を大幅に減らすことが可能です。

      ただ、この療法は一つのアレルゲンにしか対応しておらず、複数アレルゲン(血液検査などで特定できることもありますが、はっきりとはわからない場合も少なくありません)がある人には効果がありません。

      また、誰にでも効果があるとは言えず、結果がわかるのは数ヵ月とか数年後になりますので、効果が現れなかった場合、それまでの治療は無駄ということになってしまいます。

      以上のようなことを考慮し、減感作療法を行うかどうか決めるといいでしょう。

      なお、近年は数は少ないですが、舌下減感作療法(日本ではまだ健康保険の適用外なので、自費診療になってしまいます)を行っている病院もあります。











      <PR>
      埋没毛って何?埋没毛の原因は? | ムダ毛をなくす方法!ムゲ毛を処理してキレイなお肌にしたい!
      ラケットの種類では? | 初心者の卓球講座・卓球を上達させるには!



       
      -----
      | | 花粉症 | 05:27 | - | - | - | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 05:27 | - | - | - | -
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        このページの先頭へ