くしゃみが止まらない?花粉症対策なら・・・

花粉症でくしゃみが止まらない方!こちらで花粉症対策を教えてます!
<< 花粉症には抗ヒスタミン薬が効果がある? | main | 花粉症の症状で・・・ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    花粉症は肌トラブルにも影響がある?
    0






      花粉症と言うと、鼻水やくしゃみ、鼻づまり、かゆみ、涙、目の充血などの症状が一般的なのです。

      しかし、近年は、花粉症の季節に、肌のトラブルを訴える人が増加しています。

      春先というものは、空気の乾燥により、どうしても肌が弱り気味です。

      そこにきて、紫外線が強くなってくる時期でもあり、このようなことと花粉の刺激がプラスされ、肌のトラブルが生じるようです。

      花粉症による肌のトラブルは、露出し花粉が付着しやすい顔と首に集中することが多く、かゆみを感じたり湿疹が現れることもあります。

      皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)にはバリア機能というのがあり、健康な肌であれば、バリア機能が働き、花粉などの異種のタンパク質は進入できません。

      でも、乾燥や紫外線で弱っているとバリア機能が低下し、肌表面の角質がめくれ、そこから花粉などの異種タンパク質(どんな食材から摂るかも大切です。一緒に脂肪も摂ってしまっては、肥満にもつながりかねません)が侵入して、炎症を起こしやすくなります。

      対策としては、外出時、マスクや眼鏡をかけ、マフラーをするなど、なるべく肌を露出しないようにすること。

      そして、帰宅したら即洗顔をして、花粉を落とすようにします。

      また、毎日の正しいスキンケアで肌を保護することも重要になってくるでしょう。

      低刺激の化粧水でよく保湿をし、化粧をやるときは下地クリーム(最近では、一本で、下地クリーム、日焼け止め、美容液、ファンデーションの役割を果たす化粧品が人気を集めています)をしっかり塗り、メイクはできるだけ控えめにするのが理想的です。

      それと同時に、バランスのとれた食事や十分な睡眠、規則ただしい生活、必要なだけの運動、ストレスの解消など、体の内側から健康な肌をつくるようにしましょう。











      <PR>
      うつ病と精神病の違いは? | うつ病の治し方!うつ病を改善させるには?
      肌荒れとストレスの関係性について | 肌荒れの原因を知ろう!肌荒れ対策!



       
      -----
      | | 花粉症 | 17:41 | - | - | - | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 17:41 | - | - | - | -
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        このページの先頭へ