くしゃみが止まらない?花粉症対策なら・・・

花粉症でくしゃみが止まらない方!こちらで花粉症対策を教えてます!
<< 花粉症の原因になるものは・・・ | main | 花粉症は肌トラブルにも影響がある? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    花粉症には抗ヒスタミン薬が効果がある?
    0






      花粉症に効く薬として、最も多く用いられているのが抗ヒスタミン薬(第一世代と第二世代に分けられ、第一世代の副作用である眠気を利用して、睡眠改善薬として服用することもあります)です。

      抗ヒスタミン薬は文字通り、花粉によって発生したヒスタミンの働きを抑えるもので、むかしからある薬物です。

      抗ヒスタミン薬には、第一世代と第二世代があり、第一世代はくしゃみや鼻水に対して即効性があり、服用後30分くらいで効果が現れます。

      ただし、持続時間が短いのが欠点で、そのうえ、視床下部に作用して眠気を引き起こし、口の渇き、倦怠感といった副作用もあります。

      なお、鼻づまりにはほとんど効果がありません。

      代表的な商品名としては、タベジール、ヒスタベリン、ポララミン、レクリカ、ピレチアなどがあります。

      この第一世代の欠点を補い、登場したのが第二世代の抗ヒスタミン薬です。

      くしゃみや鼻水(たんぱく質が不足すると、緑色の「青っ洟」になりますが、現代ではほとんど見かけません)に効果があるのはもちろん、鼻づまりにも作用し、持続時間が長く、眠気の発生率が低いのが特徴です。

      しかし、即効性という面では劣り、効果があらわれるまでに2週間ほども掛かってしまって、その間、毎日服用しなければなりません。

      その為、花粉の飛散時期の2週間ほど前から服用し、対策を講じる必要があるかもしれません。

      また、肝臓や胃腸、心筋障害などを起こす恐れもあります。

      代表的な薬として、ゼスラン、ニポラジン、ジルテック、エバステル、アゼプチン、セルテクト、アレグラ、ヒスマナール、アレロック、アレジオン、ザジテン、タリオン、ダレン、レミカットなどが挙げられます。

      現在、病院で処方される花粉症の薬は、第二世代抗ヒスタミン薬に移行していますが、すべての人に効果がある訳ではなくて、人によってはほとんど効かないこともあるようです。











      <PR>
      変形性肘関節症の治療法 | 腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!
      転職、退職時の確定申告で注意することは? | 副業の確定申告はどうする?確定申告の注意点など!



       
      -----
      | | 花粉症 | 05:26 | - | - | - | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 05:26 | - | - | - | -
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>

        このページの先頭へ