くしゃみが止まらない?花粉症対策なら・・・

花粉症でくしゃみが止まらない方!こちらで花粉症対策を教えてます!
| main | 花粉症には抗ヒスタミン薬が効果がある? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    花粉症の原因になるものは・・・
    0






      花粉症は、アトピー性皮膚炎や喘息などと同じアレルギー疾患の1つだと言われています。

      アレルギーとは、なんらかの原因で異物が身体に入り込んだ時、その異物を排除しようとする身体の防御反応が過剰に起こってしまう事です。

      つまり、花粉症の場合、アレルギーを引き起こしている原因となる物質であるアレルゲンが、「花粉」ということもになるのです。

      アレルゲンとなる花粉の種類は、現在国内で約50種類以上、一説には約80種類もあると言われています。

      代表的なものとしては、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバ等が挙げられます。

      この中でも、一般的に良く広く知られているのはスギ花粉で、スギ花粉(日本特産の針葉樹である杉は、貴重な木材である反面、毎年、多くの人をスギ花粉症で悩ませています)は毎年2月から4月にかけて飛散します。

      この時期にくしゃみや鼻水と言った典型的な花粉症の症状が2週間程度続いたとしたら、アレルゲンはスギ花粉だと考慮しても良いでしょう。

      また、スギ花粉と並んでアレルゲンとして良く広く知られている花粉が、ヒノキ花粉です。

      ヒノキ花粉が飛散するのはスギ花粉(雄花と雌花があり、二月から四月の開花時期には、風にのって大量の花粉が飛散します)よりも少し遅く、3月から5月にかけてです。

      もし、スギ花粉(北海道には杉が少ないため、スギ花粉症が少ないといわれています)のピークが過ぎても、花粉症の症状が治まらないと言う方は、スギ花粉と共にヒノキ花粉にもアレルギー反応を起こしていると考えられるでしょう。

      また、ブタクサやヨモギの花粉は、秋頃に多く飛散します。

      花粉症はアレルギー疾患の1つですので、アレルゲンとなる花粉を身体に侵入させないようにする事が、花粉症予防には効果的と言えるのです。











      <PR>
      腱鞘炎は暖める?それとも冷やす? | 腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!
      ワキガの手術について! | 【ワキガ対策】 腋の臭いを消す方法!



       
      -----
      | | 花粉症 | 19:04 | - | - | - | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:04 | - | - | - | -
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>

        このページの先頭へ