くしゃみが止まらない?花粉症対策なら・・・

花粉症でくしゃみが止まらない方!こちらで花粉症対策を教えてます!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    花粉症の予防策とは?
    0






      花粉症の予防策は、誰にでもできるささいなことです。

      花粉症は、花粉症を発症してしまってから花粉の飛散時期に予防するのではなく、花粉症にかかる前に予防することが一番大切で重要だと考えられるでしょう。

      まず、花粉症にならないためには、アレルゲン(ハウスダストや花粉、フケ、カビなどの他、特定の食べ物がアレルギーの原因になってしまうこともあるでしょう)を除去・回避し、花粉を体内にとりこまないようにしなくてはいけません。

      すでに花粉症になっている方も症状がでないようにするには必要な予防策ですので、普段から花粉を吸い込まないようにマスクをしたり、手洗いやうがいをするなどを徹底すると良いでしょう。

      また、花粉症を未然に防ぐ予防策として、バランスのいい食事をする事が大切です。

      最近、花粉症に効くと注目されているトマトやレンコン、ヨーグルトなどをとりいれた食事を試してみたり、食事の栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量摂ることが大切です)などを見直してみるのも花粉症の予防策になるでしょう。

      さらに、生活習慣の改善も花粉症の予防には必要になります。

      不規則な生活で、寝不足の状態が長く続いていたり、疲れやストレスなどが溜まってしまうと、生活習慣の乱れが原因で花粉症を引き起こしてしまうこともあるようです。

      花粉症の予防としては、日常的にの生活習慣を見直してみることも必要でしょう。

      疲れやストレスがたまってしまうと、副交感神経の働きが抑えられ、身体の中でヒスタミンが放出されやすい状態になると考えられています。

      ですので、疲れやストレスをためない健康的な生活を送ることが花粉症の予防のためにも大切です。











      <PR>
      社会不安障害について! | パニック障害を克服したい方!あなたの症状は?
      専業主婦の健康診断は? | 長生きの秘訣・健康維持させるには!


       
      続きを読む >>
      | | 花粉症 | 07:00 | - | - | - | -
      花粉症はある日突然なる?
      0






        花粉症と言えば、今では日本人の4人に1人が発症していると言っても過言ではなく、国民病(例えね、日本では花粉症などが国民病といえるでしょう)とまで言われるくらい有名なアレルギー疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)のひとつですね。

        この花粉症。

        実は条件次第では、誰しも発症する要因を持っていて、現在花粉症ではないから自分は安心だと思っていると、ある日突然、花粉症を発症してしまう可能性があるのです。

        それでは、どうしてこのような事が起こってくるのでしょう。

        まず、花粉症を発症してしまう仕組みについてお話します。

        アレルギーを引き起こす原因、つまり、アレルゲンとなっている花粉が目や鼻の粘膜に付着し、身体に侵入した場合、身体はこのアレルゲンを身体から排除しようと、アレルゲンに対抗する物質、IgE抗体を作り出します。

        このIgE抗体は、花粉の侵入が繰り返されるうちに、身体内にどんどん蓄積されていきます。

        そして、それが一定の水準に達したタイミングで再びアレルゲンとなる花粉が侵入すると、花粉とIgE抗体が結びつき、花粉症の症状が現れると言われているのです。

        逆にいえば、花粉がいくら身体に侵入したとしても、IgE抗体が一定の水準に達していなければ、花粉症の症状は現れないと言う事になります。

        以上のように、まだ花粉症を発症していない人達は、花粉症予備軍と呼ばれています。

        この花粉症予備軍の人達が、このまま花粉と今まで通り接触を続けていれば、なんの前触れもなくある日突然に花粉症を発症してしまうと言った事が起きるのです。

        花粉症は他人事と思わず、常に花粉には注意する生活を過ごす事が重要です。











        <PR>
        うつ病の種類には? | うつ病の治し方!うつ病を改善させるには?
        ギター、チューニングのコツ! | 【ギター初心者の練習】短期間でエレキギターを上達させる秘密の方法!



        続きを読む >>
        | | 花粉症 | 17:40 | - | - | - | -
        花粉症は注射が効果ある?
        0






          花粉症の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を軽減する薬は、数多く存在します。

          その中でも近年では、1シーズン花粉症の症状が抑えられる注射と言うものが話題になっているようで、御存知の方も多いのではないでしょうか。

          それでは、本当に花粉症の症状に注射は効果があります。

          まず、花粉症の注射には4つの種類があります。

          ・副腎皮質ホルモン・減感作療法(免疫療法)・星状神経節ブロック・ヒスタミン添加グロブリンです。

          副腎皮質ホルモンの注射は、アレルゲンを身体から排除させようとする防御反応の力を取り除いてしまう事で、アレルゲンを身体の中に受け入れ、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を軽減させます。

          ただ、免疫力が低下されますので、副作用には注意が必要です。

          減感作療法や免疫療法の注射は、身体の中に抗原を注射する事により、体質自体を根本から改善させる方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で、効果はあるのですが治療に3年はかかると言われています。

          星状神経節ブロックの注射は、星状神経節を注射によって刺激する事により、鼻の粘膜の血流や自律神経の働きを活発にして、くしゃみ、鼻づまりと言った花粉症の症状を軽減させます。

          ヒスタミン添加グロブリンの注射は、減感作療法のひとつです。

          ヒスタミンを身体内に入れる事によって、体内にヒスタミンが作られたとしても、それに対しての耐性が出来ているので、花粉症の症状を抑える事が出来ます。

          このように、ひとくちに花粉症の注射と言っても、様々な種類があります。

          注射を打つ場合には、それぞれの効果と副作用を良く考慮して選択するようにしてください。











          <PR>
          ピッチング後のケアは? | ピッチング練習!ピッチングを上達させる方法を公開!
          学習障害の子の接し方は? | 【発達障害の症状】発達障害の子供を育てるには?



          続きを読む >>
          | | 花粉症 | 08:13 | - | - | - | -
          花粉症に効果のある薬には?
          0






            花粉症の症状が現れると、その不快感を軽減させる為にも薬の内服は効果的ですよね。

            それでは、花粉症に効果のある薬には一体どのようなものがあるのでしょう。

            まず、現在、花粉症の治療薬として存在しているのが、第一世代抗ヒスタミン薬、第二世代抗ヒスタミン薬(乗り物酔いの防止、風邪やアレルギー症状の緩和、睡眠障害の改善などの目的で処方されることが多いです)、ロイトコリエン受容体拮抗薬、トロンボキサンA2受容体拮抗薬、ステロイド薬、点鼻用血管収縮剤(α交感神経刺激薬)、抗コリン薬等です。

            このように、数多くの薬剤がありますが、主流となっているのは、第二世代抗ヒスタミン薬(症状を抑制するだけで、治療できるわけではありません)とステロイド薬ではないでしょうか。

            抗ヒスタミン薬はアレルギー反応を引き起こすヒスタミンを抑える効果がありますので、花粉症の症状を軽減させるには効果的です。

            けれど、このような薬には喉の渇きを強く感じると言った副作用が出る場合が多くありますから、水分をまめに摂取し、体内の水分補給を行うようにする事が大切です。

            症状の重い花粉症ならね、ステロイド薬が使用される事もありますが、このステロイド薬の副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)には特に注意が必要です。

            不快な花粉症の症状が一気に緩和される事が期待されますが、その効果の反面、免疫力が低下したり、子供の成長や女性の排卵に影響を及ぼしたりするケースがあるのです。

            ステロイド薬には、強い副作用があると言うところもを頭に入れておいてください。

            病院では花粉症の症状を観察し、その症状や要望に応じて適切な薬を処方してくれるでしょう。

            不安にならず、不快感を取り除く為にも、まずは医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の診断を仰ぐ事が大切です。











            <PR>
            埋没毛って何?埋没毛の原因は? | ムダ毛をなくす方法!ムゲ毛を処理してキレイなお肌にしたい!
            カットボールとスライダーの投げ方 | ピッチング練習!ピッチングを上達させる方法を公開!



            続きを読む >>
            | | 花粉症 | 16:57 | - | - | - | -
            花粉症に鍼灸が効果がある?
            0






              花粉症のようなアレルギー疾患は、その前提として、体質や体調の悪さが挙げられます。

              具体的には、呼吸器系が弱く、アレルギーを抑える副腎皮質ホルモンが低下していることです。

              ツボを刺激し、自然治癒力を促進させたり、体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)を改善することを基本としている鍼灸治療では、花粉症にも当然のことながら対応できます。

              花粉症にたいする鍼灸治療では、症状の有る無しや花粉の飛散に関係なく、一年を通じて行うことがポイント。

              長期間の治療を続けることで、花粉症の体質を変えていくことができるはずです。

              花粉が飛散していないときは、体質改善を目的とした治療を行い、花粉が飛散して症状が出ているときは、症状を緩和させる為の治療を行います。

              具体的には、鼻づまりや鼻水には、眉と眉の中間にある「印堂」といわれるツボや、小鼻の横にある「迎香」と呼ばれるツボに鍼灸(体のツボに鍼を打ったり、お灸をしたりすることで症状を改善します)治療を行うでしょう。

              目のかゆみには、目の中心の下側の骨にある「承泣」に治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を施します。

              ほかにも、「上星」「鼻通」「風府」「前谷」「百会」「天柱」「風池」などに、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)に合わせて治療を施します。

              治療後、すぐ症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が改善される人もいれば、翌日の人、数回の治療で効果が現れる人など、効果はそれぞれです。

              しかし、まったく効果がなかったと言う人はほとんどなく、完治した人も大なり小なりおり、再発も少ないと言えます。

              薬物療法のような副作用もありませんから、鍼灸治療は花粉症で悩む人にはオススメの治療と言えます。











              <PR>
              美味しい毛蟹の選び方! | 美味しいカニを通販で買うコツ!
              ジェルコートの口コミ情報! | 息が臭い?口臭を消す方法を教えています!



              続きを読む >>
              | | 花粉症 | 13:31 | - | - | - | -
              花粉症の減感作療法ってどんな治療法?
              0






                花粉症対策として、減感作療法(皮下投与や舌下投与により、希釈したアレルゲンをアレルギー患者に投与します)というのがあります。

                あまり耳にすることのない療法ですが、これは一種の免疫療法(ワクチン)です。

                患者のアレルゲンをほんのちょっとずつ体内に入れ、徐々に増やしていくことで、アレルゲンに対する過敏な反応を減らしていこうというもの。

                主にスギ花粉症の人に対して行われています。

                減感作療法(日本ではまだ健康保険の適用外なので、自費診療になってしまいます)は、麻疹や水疱瘡などのワクチンとは違い、1度注射するだけですむというものではありません。

                花粉が飛び始める1ヵ月前くらいから注射をスタートし、週に1、2回の定期的な皮下注射を、花粉が飛んでいる間中続けます。

                花粉の飛散が終了したら、1〜2ヵ月に1回と注射の回数を減らします。

                再び花粉症の季節が到来したら、飛散の1ヵ月くらい前から毎週注射をします。

                減感作療法(アレルゲン免疫療法、免疫的脱感作療法とも呼ねれています)は、花粉症を克服するには、とても有効な手段であると言われています。

                しかし、効果が現れるまで数ヵ月かかり、症状が安定するまでにはさらに数年の歳月を要します。

                その間ずっと注射を打ち続けるわけで、注射嫌いの人には抵抗があるかもしれませんね。

                しかし、うまくいったら薬が不要になったり、注射を大幅に減らすことが可能です。

                ただ、この療法は一つのアレルゲンにしか対応しておらず、複数アレルゲン(血液検査などで特定できることもありますが、はっきりとはわからない場合も少なくありません)がある人には効果がありません。

                また、誰にでも効果があるとは言えず、結果がわかるのは数ヵ月とか数年後になりますので、効果が現れなかった場合、それまでの治療は無駄ということになってしまいます。

                以上のようなことを考慮し、減感作療法を行うかどうか決めるといいでしょう。

                なお、近年は数は少ないですが、舌下減感作療法(日本ではまだ健康保険の適用外なので、自費診療になってしまいます)を行っている病院もあります。











                <PR>
                埋没毛って何?埋没毛の原因は? | ムダ毛をなくす方法!ムゲ毛を処理してキレイなお肌にしたい!
                ラケットの種類では? | 初心者の卓球講座・卓球を上達させるには!



                続きを読む >>
                | | 花粉症 | 05:27 | - | - | - | -
                花粉症の症状で・・・
                0






                  花粉症の症状としては、風邪の症状と良く似ています。

                  その為、風邪が長引くと思って病院に行ったら、実は花粉症だったと言った事もよくある話です。

                  それでは、具体的に、花粉症の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)にはどのようなものがあるでしょう。

                  まず、代表的な症状としては、・鼻水がどんどん出てくる。

                  ・くしゃみが止まらない。

                  ・鼻詰まりがひどい。

                  ・目が痒い。

                  ・涙が出る。

                  ・まぶたが腫れる。

                  ・目が充血する。

                  ・喉に不快感があり、咳が出る。

                  等が挙げられます。

                  この他にも、熱が出る、呼吸が苦しくなる、頭痛がする、身体や顔のほてり、 胃腸の具合が悪い、手足がむくむと言った症状が現れる場合もあります。

                  また、イライラする、憂鬱になる、ボーっとして集中力が低下すると言った精神的な症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)もあるでしょう。

                  ただ、精神的に起こる症状の多くは、花粉症による鼻水、鼻詰まり、目のかゆみと言った不快感が原因となって起こる事が多いので、イライラや集中力の低下等の症状のみが現れる事はありません。

                  たかが花粉症と言っても、症状が酷けれね、日常生活にまで支障が出てしまう場合もあります。

                  そのような時には無理をしないで、早めに病院で診察を受けましょう。

                  症状に応じて、不快感を軽減させてくれる薬が処方されます。

                  また、花粉症の薬の効果には個人差があります。

                  使用方法をきちんと守り、症状が改善されてないからと言って、勝手に分量を増やすような事はしないようにして下さい。











                  <PR>
                  手汗の対処!法と対策は?手汗の原因はコレ!手汗を止める方法を教えてます!
                  甲羅酒の作り方! | 美味しいカニを通販で買うコツ!



                  続きを読む >>
                  | | 花粉症 | 15:07 | - | - | - | -
                  花粉症は肌トラブルにも影響がある?
                  0






                    花粉症と言うと、鼻水やくしゃみ、鼻づまり、かゆみ、涙、目の充血などの症状が一般的なのです。

                    しかし、近年は、花粉症の季節に、肌のトラブルを訴える人が増加しています。

                    春先というものは、空気の乾燥により、どうしても肌が弱り気味です。

                    そこにきて、紫外線が強くなってくる時期でもあり、このようなことと花粉の刺激がプラスされ、肌のトラブルが生じるようです。

                    花粉症による肌のトラブルは、露出し花粉が付着しやすい顔と首に集中することが多く、かゆみを感じたり湿疹が現れることもあります。

                    皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)にはバリア機能というのがあり、健康な肌であれば、バリア機能が働き、花粉などの異種のタンパク質は進入できません。

                    でも、乾燥や紫外線で弱っているとバリア機能が低下し、肌表面の角質がめくれ、そこから花粉などの異種タンパク質(どんな食材から摂るかも大切です。一緒に脂肪も摂ってしまっては、肥満にもつながりかねません)が侵入して、炎症を起こしやすくなります。

                    対策としては、外出時、マスクや眼鏡をかけ、マフラーをするなど、なるべく肌を露出しないようにすること。

                    そして、帰宅したら即洗顔をして、花粉を落とすようにします。

                    また、毎日の正しいスキンケアで肌を保護することも重要になってくるでしょう。

                    低刺激の化粧水でよく保湿をし、化粧をやるときは下地クリーム(最近では、一本で、下地クリーム、日焼け止め、美容液、ファンデーションの役割を果たす化粧品が人気を集めています)をしっかり塗り、メイクはできるだけ控えめにするのが理想的です。

                    それと同時に、バランスのとれた食事や十分な睡眠、規則ただしい生活、必要なだけの運動、ストレスの解消など、体の内側から健康な肌をつくるようにしましょう。











                    <PR>
                    うつ病と精神病の違いは? | うつ病の治し方!うつ病を改善させるには?
                    肌荒れとストレスの関係性について | 肌荒れの原因を知ろう!肌荒れ対策!



                    続きを読む >>
                    | | 花粉症 | 17:41 | - | - | - | -
                    花粉症には抗ヒスタミン薬が効果がある?
                    0






                      花粉症に効く薬として、最も多く用いられているのが抗ヒスタミン薬(第一世代と第二世代に分けられ、第一世代の副作用である眠気を利用して、睡眠改善薬として服用することもあります)です。

                      抗ヒスタミン薬は文字通り、花粉によって発生したヒスタミンの働きを抑えるもので、むかしからある薬物です。

                      抗ヒスタミン薬には、第一世代と第二世代があり、第一世代はくしゃみや鼻水に対して即効性があり、服用後30分くらいで効果が現れます。

                      ただし、持続時間が短いのが欠点で、そのうえ、視床下部に作用して眠気を引き起こし、口の渇き、倦怠感といった副作用もあります。

                      なお、鼻づまりにはほとんど効果がありません。

                      代表的な商品名としては、タベジール、ヒスタベリン、ポララミン、レクリカ、ピレチアなどがあります。

                      この第一世代の欠点を補い、登場したのが第二世代の抗ヒスタミン薬です。

                      くしゃみや鼻水(たんぱく質が不足すると、緑色の「青っ洟」になりますが、現代ではほとんど見かけません)に効果があるのはもちろん、鼻づまりにも作用し、持続時間が長く、眠気の発生率が低いのが特徴です。

                      しかし、即効性という面では劣り、効果があらわれるまでに2週間ほども掛かってしまって、その間、毎日服用しなければなりません。

                      その為、花粉の飛散時期の2週間ほど前から服用し、対策を講じる必要があるかもしれません。

                      また、肝臓や胃腸、心筋障害などを起こす恐れもあります。

                      代表的な薬として、ゼスラン、ニポラジン、ジルテック、エバステル、アゼプチン、セルテクト、アレグラ、ヒスマナール、アレロック、アレジオン、ザジテン、タリオン、ダレン、レミカットなどが挙げられます。

                      現在、病院で処方される花粉症の薬は、第二世代抗ヒスタミン薬に移行していますが、すべての人に効果がある訳ではなくて、人によってはほとんど効かないこともあるようです。











                      <PR>
                      変形性肘関節症の治療法 | 腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!
                      転職、退職時の確定申告で注意することは? | 副業の確定申告はどうする?確定申告の注意点など!



                      続きを読む >>
                      | | 花粉症 | 05:26 | - | - | - | -
                      花粉症の原因になるものは・・・
                      0






                        花粉症は、アトピー性皮膚炎や喘息などと同じアレルギー疾患の1つだと言われています。

                        アレルギーとは、なんらかの原因で異物が身体に入り込んだ時、その異物を排除しようとする身体の防御反応が過剰に起こってしまう事です。

                        つまり、花粉症の場合、アレルギーを引き起こしている原因となる物質であるアレルゲンが、「花粉」ということもになるのです。

                        アレルゲンとなる花粉の種類は、現在国内で約50種類以上、一説には約80種類もあると言われています。

                        代表的なものとしては、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバ等が挙げられます。

                        この中でも、一般的に良く広く知られているのはスギ花粉で、スギ花粉(日本特産の針葉樹である杉は、貴重な木材である反面、毎年、多くの人をスギ花粉症で悩ませています)は毎年2月から4月にかけて飛散します。

                        この時期にくしゃみや鼻水と言った典型的な花粉症の症状が2週間程度続いたとしたら、アレルゲンはスギ花粉だと考慮しても良いでしょう。

                        また、スギ花粉と並んでアレルゲンとして良く広く知られている花粉が、ヒノキ花粉です。

                        ヒノキ花粉が飛散するのはスギ花粉(雄花と雌花があり、二月から四月の開花時期には、風にのって大量の花粉が飛散します)よりも少し遅く、3月から5月にかけてです。

                        もし、スギ花粉(北海道には杉が少ないため、スギ花粉症が少ないといわれています)のピークが過ぎても、花粉症の症状が治まらないと言う方は、スギ花粉と共にヒノキ花粉にもアレルギー反応を起こしていると考えられるでしょう。

                        また、ブタクサやヨモギの花粉は、秋頃に多く飛散します。

                        花粉症はアレルギー疾患の1つですので、アレルゲンとなる花粉を身体に侵入させないようにする事が、花粉症予防には効果的と言えるのです。











                        <PR>
                        腱鞘炎は暖める?それとも冷やす? | 腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!
                        ワキガの手術について! | 【ワキガ対策】 腋の臭いを消す方法!



                        続きを読む >>
                        | | 花粉症 | 19:04 | - | - | - | -
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        このページの先頭へ